コラ作成でよく使うフォトショ機能

コラ作成でよく使うフォトショ機能

Photoshopは非常に高機能ですが、逆に高機能すぎて最初のうちは、
どの機能を使えばいいのか分かりづらいというデメリットがあります。
そこで今回はコラ作成でよく使うPhotoshopの機能を紹介します。

ちなみに、「Photoshop Mix」というアプリを使用している方は、
共通の部分がいくつかあるので参考になると思います。

レイヤー

レイヤーとは、画像を構成する1枚のシートのようなものです。
Photoshopでは、複数のシートを重ねることで画像を作ります。
文字のシート、画像のシート、背景のシート…とこれらが重なり1枚の画像になります。

画面右下の部分に表示されていて、上にいくほど重なり順も上に表示されます。
新しく追加するには、レイヤーの表示してある部分の下にある
アイコンが並んだ部分のゴミ箱アイコンの左(右から2つ目)のアイコンを
クリックします。(マウスを上載せると「新規レイヤーを作成」と表示されます)

また、レイヤーが増えてくると、どれがどれだが分からなくなってくるので、
分かりやすい名前を付けて管理しやすくしましょう。

詳しくはこちら
Photoshopのレイヤーとは?初心者でも分かる使い方

グループ

グループとは、レイヤーをグループ分けして管理しやすくする為の機能です。
レイヤーが数枚ならまだしも、大量に増えてくるとどれがどれだか分かりづらく
なるので、画像の見た目には影響しませんが積極的に利用しましょう。

レイヤー同様、画面右下の部分に表示されています。
新しく追加するには、レイヤー追加アイコンのの左(右から3つ目)のアイコンを
クリックします。(マウスを上載せると「新規グループを作成」と表示されます)
そしてグループに入れたいレイヤーをドラックして作成したグループに移動します。

また、グループ化したいレイヤーを複数選択した後、追加アイコンを押してもいいです。
複数選択するには、連続したレイヤーをまとめて選択する場合は「shift」を押しながら、
個別に指定する時は「ctrl」を押した状態で選びたいものをクリックしていきます。

また、レイヤーと同様に数が増えてくると、どれがどれだが分からなくなってくるので、
分かりやすい名前を付けて管理しやすくしましょう。

スマートオブジェクト

スマートオブジェクトとは、
縮小と拡大などを繰り返しても、劣化しない画像のデータ形式のことです。

通常、画像を縮小や拡大を繰り返す度に画像が劣化していきます。
1回だけであればたいした劣化ではありませんが、微調整を繰り返すと
どんどん劣化していくので、塵も積もれば山となりクソ画質になります。

欠点は、データ容量が少し大きくなるのと、一部機能が適用出来なくなります。

スマートオブジェクトを適用したい場合は、適用したいレイヤーを右クリックし、
「スマートオブジェクトに変換」という項目をクリックすると適用されます。

また、ブラシツールや消しゴムツール等を直接画像データに適用してしまうと、
元に戻せなくなってしまいます。なので誤操作防止の為に、画像データは
ブラシツール等を適用出来ないスマートオブジェクトにすることをおすすめします。

詳しくはこちら
Photoshopのスマートオブジェクトとは?使い方・編集方法まとめ

ラスタライズ

スマートオブジェクトだと使うことの出来ない機能もいくつかあるので、
その機能を使いたい場合はスマートオブジェクトを解除しなければなりません。
その場合は、スマートオブジェクトを解除したいレイヤーを右クリックし、
「レイヤーをラスタライズ」を選ぶことで通常のレイヤーに戻ります。

詳しくはこちら
Photoshopのラスタライズとは?意味と使い方を解説

レイヤーマスク

レイヤーマスクは、画像の一部を非表示に出来る機能です。
主に、画像を切り抜きたい時に使用します。

また、切り抜いた部分を削除せず、非表示にしているだけなので、
後から切り抜き範囲を修正したくなったとしても、いつでも修正出来ます。

詳しくはこちら
Photoshopのレイヤーマスクとは?使い方を総まとめ

被写体を選択

被写体を選択という機能を使うと、画像の被写体をAIが判断し、
その被写体のみを自動で選択してくれます。

使い方は、上のメニューバーにある「選択範囲」という項目をクリックし、
その中の「被写体を選択」をクリックするだけです。

複雑な画像だとこれだけでは完璧に選択を行ってくれない時もありますが、
この後紹介する「選択とマスク」を使って微調整をすれば大丈夫です。

詳しくはこちら
Photoshopの新機能「被写体を選択」がどれほど凄いのか、ぱくたそのフリー素材で検証してみた

クイック選択ツール

マウスでドラックしてなぞった部分の境界線を、
ある程度自動で選択してくれる機能です。

画像が複雑すぎる場合などは、このツールだけだとうまく切り抜けない
こともありますが、大抵のものはこれだけでも切り抜けます。
また、うまく切り抜けなくてもこの後紹介する「選択とマスク」を
使って微調整をすれば大丈夫です。

詳しくはこちら
【Photoshop】切り抜きの方法5つと便利なテクニック

選択とマスク

選択範囲やレイヤーマスクを修正出来る機能です。
クイック選択ツールなどで大まかに選択した後に、
この機能を使用して微調整を行うことが多いです。
特に選択するのが大変な髪の毛を選択するときは非常に便利です。

詳しくはこちら
PhotoshopCC2017の「選択とマスク」機能を使ってスピーディに髪の毛を切り抜く方法
Photoshopの選択範囲や切り抜きはこれが一番簡単で正確!CC 2015.5で進化した選択範囲とマスクの作成 | コリス

修復ブラシツール

修正ブラシツールは、指定した部分を別の場所になじませて貼り付ける機能です。
合成の境目などに使うことで合成画像の違和感を減らすことが出来ます。

使い方は、まずサンプルポイントをalt(option)キーを押しながらクリックして、
「この部分のように綺麗にする」というのを決めます。その後に、
修復したい部分をクリック(orドラック)すると、サンプルポイントのように修復されます。

ただし、画像の元レイヤーに直接修正ブラシツールを適用しないように注意しましょう。
直接適用してしまうと元に戻せなくなってしまいます。
なので、適用するときは適用したい画像の上に、透明のレイヤーを作りそちらに適用しましょう。

ちなみに、スマートオブジェクトだと直接適用出来ないので誤操作の心配がありません。
その為、画像データは基本スマートオブジェクトにすることをおすすめします。

詳しくはこちら
写真のレタッチと修復

修復ブラシツールに類似した機能

似た機能でコピースタンプツールとスポット修復ブラシツールというのがあります。

コピースタンプツールはなじませずそのまま貼り付けてしまうので、
人の肌のような複雑な画像だと違和感が出てしまいます。

スポット修復ブラシツールという機能は、ほくろやニキビといった
小さなものを消すのに向いている機能なので、境目の修正にはあまり向きません。

調整レイヤー

画像の明るさや色味などを調整したい時に、そのまま画像の明るさなどを変更すると、
変更する度に画像が劣化していきます。また、あとで微調整が行いたい時に出来ません。

ですが、調整レイヤーを使うことで、画像を直接変更せずに明るさなどを調整でき、
後で明るさを微調整することも出来ます。

また、特定の部分にのみ(乳首だけなど)に適用したい場合はレイヤーマスクを使い、
特定のレイヤーのみ(顔レイヤーだけなど)に効果を適用したい場合には、
クリッピングマスクという機能を使いましょう。

詳しくはこちら
Photoshopの調整レイヤーとは?使い方まとめ

ちなみに下記の機能はよく使います。

トーンカーブ

トーンカーブとは、細かな明るさやコントラストを変更できる機能です。
初心者でも簡単に明るさの調節が出来るので非常におすすめの機能です。
また、

自然な彩度

自然な彩度とは、その名の通り彩度を自然に調整する機能で、
すでに彩度が高い部分への影響を抑えながら、彩度が低い部分の彩度を調整できます。

レンズフィルター

レンズフィルターとは、画像にフィルターをかけられる機能で、
「画像全体をオレンジっぽく」や「青っぽく」のようなことができます。
合成する画像の色味調整などによく使います。

ブレンドモード(描画モード)

ブレンドモード(描画モード)は、下にあるレイヤーに対して、
上のレイヤーがどのような合成をするかを設定できる機能
です。

剝ぎコラでおっぱいや乳首などを合成するときに、
合成した部分の色味が合わない時とかに使ったりします。

種類が多く最初は覚えるのが大変ですが、覚えると表現の幅が広がります。
ちなみにレイヤーだけでなくグループにも適用出来ますよ。

知ってるようで知らない、Photoshopの描画モードを全て解説![1/4]
知ってるようで知らない、Photoshopの描画モードを全て解説![2/4]
知ってるようで知らない、Photoshopの描画モードを全て解説![3/4]
知ってるようで知らない、Photoshopの描画モードを全て解説![4/4]

切り抜きツール

切り抜きツールは、画像をトリミング(切り抜く)する機能です。
ベースにパーツを合成したときに見切れる部分が出た時などは、
切り抜きツールを使い切り抜きます。

「カンバスのサイズを変更」という機能を使って切り抜くと
切り取られた周りの部分は破棄され元に戻せませんが、
これだと元に戻したくなったらいつでも元に戻せるので、
画像全体の切り抜きにはこちらを使いましょう。
(設定を変更すれば破棄することも可能ですがおすすめしません)

Photoshopの「切り抜き」ツールで画像をトリミングする方法 | UX MILK

コメントを残す