まずはここから!コラ素材選びのコツ

まずはここから!コラ素材選びのコツ

アイコラを作成するためには、必ず素材を探さなくてはいけません。
なので、今回はコラ素材選びのコツを紹介します。

素材選びで手を抜かない

コラ作成では素材選びが一番重要です。
どんなに上手な職人でも顔と体の素材がかけ離れすぎていると、
いくら時間をかけてもゴミしか生まれません。
しっかりと吟味して顔と体の違和感の少ないものを選び作りましょう。

ベースになる画像を決める

まずはベースになる画像を選びましょう。
そのベースとなる画像によって次に選ぶ画像が大きく変わります。
初心者はなるべく真正面を向いた画像をベースにした方がやりやすいです。

慣れればパーツに合わせてベースを決めることも出来るようになりますが、
初心者がそれをやると大抵地獄絵図になるので慣れてからにした方がいいです。

ベースの探し方

私の場合は、仮に正常位の画像が欲しいとすれば、
普通に「正常位 画像」というシンプルな検索をすることが多いです。
また、そこに気に入ったのがない場合などはDMMのAVのサンプル画像なども
結構使ったりします。

ベースと合ったパーツを選ぶ

ベースの画像と合わせても違和感の少ないパーツ画像を探します。
多少の角度や肌色は修正で変更出来ますが、大きくかけ離れていると
不可能に近いですし、仮に出来てもすごい時間と労力が必要です。

選ぶ時のポイントは3次元的な角度(奥行)が合っていることです。
2次元的角度の回転などは簡単に出来ますが、
斜めの体素材に真正面の顔素材を付けるのは至難の業です。

角度に比べて肌色は頑張ればある程度はどうにかなることが多いです。
(もちろん近いに越したことはないですが)

やってはいけない組み合わせ

コラ素材にはやってはいけない組み合わせが存在します。
これを守らないといくら上手になっても違和感が消えません。

顔と体の見た目がかけ離れている

例えば、顔が日本人なのに体が明らかに外国人などです。
違和感の塊なので絶対にやめましょう。
もちろん日本人+韓国人など違和感の少ないものであれば問題ありません。

芸能人のイメージと違う体

クオリティには違和感が無くても別の要因で違和感が出ることがあります。
例えば、巨乳を売りにしている芸能人に貧乳の体を付けたり、
痩せているのが売りの芸能人にグラマラスな体を付けたりなどです。

アイコラは、庶民には絶対に体験できない花園を疑似体験させるものなので、
本人の要素からかけ離れるほど万人受けしにくくなります。
ただ、貧乳の子のパイを少し大きくするくらいだったら結構受けが良かったりします。
逆はダメなのに不思議なものですね。ただし、爆乳までやるとアウトです。

絶対ダメとまでは言わないけどお勧めしないコラ

もし少しでも多くの人に喜んでもらったり、評価されるコラを作りたい方は、
下記の項目は避けた方がいいです。

アブノーマルな性癖が強く出たコラ

あまりにアブノーマルな性癖が強く出たコラを一般の人が見ると、
不快感を感じさせてしまうかもしれません。
なので、もしそのようなコラを同士に見せて快楽を共有したい場合は、
専用のアカウントを作りそちらで投稿しましょう。

フェラコラ

慣れれば問題ないのですが、いきなりフェラから作成するのは避けましょう。
フェラコラはかなり面倒な作業が多く、凄腕の職人でも駄作が生まれることが多い
超高難度のコラなので初心者がやるべき作業ではありません。

また、仮に上手に出来たとしても、普通のコラよりも評価が高くなるわけではないですが、
やっている人が少ないので他の人と差別化が図れます。
なので、合成技術に自信がある人は挑戦してみるといいかもしれません。
ただ繰り返し言いますが初心者はやめましょう。やっても妖怪が生まれるだけです。

コメントを残す